排水管や下水管の詰まりによる水漏れを修理する

キッチンや洗面台、トイレやバスルームの排水口は排水管へ繋がり、下水管へと繋がっています。この下水管が原因で起こる水漏れは、なぜ起きてしまうのでしょうか。また、下水管が原因になるとどのようなことが起こるのか、対処するにはどうすればいいのか、排水管や下水管が原因で起こる水漏れについて説明します。

■下水管の水漏れは大惨事になる

排水管や下水管の中を通っているのは、キッチンのシンクや洗面台、トイレなどから出る汚水です。汚水が通る配管から漏れる水は不衛生で、異臭を放つものがほとんどです。夜までは何ともなかったのに、朝起きて見てみると床が水まみれになっていた、トイレが逆流して汚物も一緒に漏れていたなど、下水に関する水漏れは大惨事を引き起こしてしまう可能性が高いものばかりです。
これらは一戸建てでも被害は大きくなりますが、マンションなどの集合住宅の場合は、周辺の住民にも被害が拡大することから、より大問題に発展します。

■排水管や下水管の水漏れはこうして起こる
排水管や下水管の水漏れの原因のほとんどは、配管が何らかの理由によって詰まっている、接続部分に緩みがある、配管や部品の経年劣化によるものなどです。特に詰まりが原因となっている場合は、キッチンのシンクに油を直接流している、洗面台やバスルームで髪の毛などを排水口に流している、トイレに流してはいけないものを流しているなどが原因であり、使い方に問題があることがほとんどです。
近年トイレの詰まりで増えているのが、猫のフンです。猫のフンは水に溶けにくいということを知らない人が多くいます。このことから、トイレに流して処理をしていると、遅かれ早かれトイレが詰まって逆流するなどの惨事に繋がる場合もあります。

■下水管からの水漏れを修理する方法

基本的に排水に関する配管や部品などの水漏れの修理は、業者に依頼するのがおすすめです。しかし、夜間などすぐに業者に来てもらうことができない、トイレの逆流をすぐに何とかしたいという場合もあるでしょう。そこで、そうなった場合の対処法を紹介します。
例えば、トイレの詰まりで大量のトイレットペーパーや、人間の排泄物が詰まっていることが原因となっている場合は、バケツに水を入れてある程度の高さから勢いよく流し入れると解決する場合があります。また、お湯を流すのも有効な手段です。詰まったときにすぐ対処することができるように、ラバーカップを用意しておくのも良いでしょう。

■まとめ
汚水が流れる排水管からの水漏れは、通常の水道の水漏れに比べても非常に厄介なトラブルです。できるだけ早く対処する必要があるので、24時間受付を行っている業者をあらかじめ探しておき、すぐに依頼することができるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ