水漏れのトラブルは自分で修理することは可能なのか

簡単な水漏れの修理であれば、自分で作業をしてしまいたい、できれば自分で修理をして少しでも費用を節約したいと考える人も多いでしょう。特に蛇口などからポタポタと水が漏れている場合は、すぐに自分で修理することができるので、手順などをおさえて自分で挑戦してみましょう。ただ、自信がない場合はやはり業者に依頼することが大切です。

■水漏れを確認する方法

キッチンや洗面台、トイレやバスルームなど、自分で水漏れの修理をする場合、最初に必ず行わなければならないのが、水漏れがどこで起こっているのか、何が原因で起こっているのかです。床が水浸しになっている、収納スペースが濡れている、トイレの水が流れっぱなしになっている、シャワーヘッドや蛇口からポタポタと水が落ちているなど、見て確認したり、触って確認をしていきましょう。洗濯機のホース回りも水漏れが起こりやすいところなので、しっかり確認をしましょう。

■配管や部品の調達は意外と簡単
原因を特定することができ、簡単な作業だと判断することができれば、修理は簡単に行うことができることも多く、部品も入手しやすいです。コマやパッキン、スピンドル、配管やその他の部品を購入して、ドライバーやレンチなどの工具を準備しましょう。インターネットが広く普及していることから、検索すると修理の方法はたくさん出てきますし、ホームセンターなどで聞くのも1つの手です。ただし、原因が特定できない場合や部品の調達ができない場合、工具などがない場合は、業者に依頼する方がスムーズに修理できることも多いです。

■業者に依頼するか判断する基準

自分で作業をするのか、業者に依頼をして修理をするのか判断する基準としては、作業が簡単であるか、原因を特定できているか、部品の調達は可能かなどが挙げられます。この他にも、床下にある水道管に問題がある場合、汚水を流す排水管や下水管に問題がある場合、給湯器 修理が必要な場合は、業者でなければ作業をすることができない場合も多いので、多少の費用がかかっても、業者に依頼するのが賢明でしょう。
もちろん、費用に関しては見積もりをもらうことができるので、複数の業者から見積もりをもらって比較をすると費用を節約できることもあります。

■まとめ
家の中で水漏れが起こると業者を探す手間や時間、修理が完了するまでにかかる時間なども気になることから、簡単な作業であれば自分で行うという人も多いですし、意外と簡単にできる場合も多いのが水漏れです。難しいなと思う場合は無理をせず、業者に依頼するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ