水道管の水漏れはなぜ起こる、修理方法とは

一戸建ての床下やマンションの天井、床下などには、構造にもよりますが水を供給するための配管が通っています。これらの配管が破損、劣化などをすることで水漏れを起こしてしまうのですが、こういった配管からの水漏れは、住宅の構造にも影響を与える可能性があることから、早急に対処する必要があります。

■水道管の水漏れは気づきにくい

水道の排管は床下や天井裏、壁などに通っているため、普段生活している中で見ることはほとんどありません。自宅の排管を見たことがないという人も多いのではないでしょうか。このことから、水道の排管から水が漏れていても気づかないことがほとんどです。なんとなく水道料金が上がっている気がする、家の中に湿気がこもりやすくなりカビが発生しているという場合は、床下などにある排管に問題があり、水が漏れている可能性が高くなります。
また、水道の元栓と止水栓を閉めて、見える範囲では水が漏れていないのに、水道のメーターが動いている場合は排管を疑いましょう。

■放置すると被害が拡大する
床下や天井裏、壁の中などを通っている配管から水が漏れているのを放置してしまうと、住宅そのものに水が染み込んでしまいます。住宅の内部に水が染み込むと、住宅は大きなダメージを負ってしまいます。住宅に使用されている建材は、水が染み込むことによって腐食してしまいますし、カビも発生しやすくなります。
また、漏電の原因にもなるので、放置するのは非常に危険なことです。排管からの水漏れを疑う場合は、早急に調査をして対処するようにしましょう。

■依頼する際は資格を持った業者を選ぶ

水回りの修理を行う業者に必要なのが、給水設置工事主任技術者、下水道排水設備工事責任者、管工事施工管理技士、水道技術管理者などです。工事に関する配管やバルブなどを取り扱う作業は資格が必要です。
水はライフラインであることから、全ての作業員がこれらの資格を取得していなければならないというわけではありませんが、現場を監督する作業員は特に、給水設置工事主任技術者という資格が必須となります。修理業者を探す際は、こういった資格をしっかり持っているかを確認するようにしましょう。

■まとめ
水道はライフラインとして私達の生活になくてはならないものですが、水漏れなどのトラブルが起こる可能性がないとは限りません。万が一のトラブルに対処することができるように、普段から業者を調べておく、対処の手順を確認しておくなど対策をしておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ